読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2)家族経営術①「未来の記憶」でハッピー家族:家族との予定を絶やさない

【記憶って過去のことでは?】

「記憶」と言われると,みなさんは何を思い浮かべますか?

 

「子ども時代の思い出」

「楽しかった旅行」

「忘れられない出来事」

過去のことが多いかと思います。 

 

実は「過去の記憶」は記憶のほんの一部です。

もともと記憶は今と未来をより賢く生きるためのもの。

心は,いつも過去を参考に「これから」をどう良くしようかと,ほぼ自動的に考えています。
仕事中に次の食事のことや休日の予定のことを考えていることはないですか?
これは,本当に最近明らかになった心の基本的な仕組みの一つです。

 

【未来の記憶】

心は,いつでも「前を」向いています。

いつも数分先のことから数ヶ月先のことまで,予測を立てているのです。


「昼食は肉うどんにしようかなあ」
「次の旅行はどこに行こうかなあ。あの服で行こうかなあ。」
「株は2-3ヶ月先に買い時がきそうだなあ」

など,さきのことをいろいろと考えますよね。
これが私たちの未来の記憶になるのです。

 

【忙しいアナタに朗報!!「楽しみな予定」があなたの不在時に大活躍!】

ご家族と過ごす時間がない忙しいあなたには,家族の未来の記憶をうまくマネジメントすることをオススメします。
そのためには,どんなに忙しくても家族と遊びに行く予定を作りましょう。
ご一緒の「お楽しみ」さえあれば,あなたはご家族の未来の記憶に頻繁に登場します。
心時間でご一緒している時間が増えるのです。

つまり,あなたがいない時間を「あなたと過ごす未来の予定」が埋めてくれるのです。
共に過ごす時間が増えれば増えるほど,「お楽しみ」を共有するほど,親しみが増します。

「季節のスイーツを一緒に食べる」
「家族のお気に入りのおみやげを買って帰る」
もっと時間を節約して,
「家族が好きそうな話題の何かを通販で取り寄せる」
といったリアル時間はあまありかからない予定でも,未来の記憶の中では存在感絶大です。

経験的には,時間のかからない予定を1-2週間ごとに配置して,
「…に出かける」といった半日から一日レベルの予定を1-2ヶ月に一度配置すれば,
あなたとご家族が過ごす心時間は大きく充実することでしょう。

ぜひ,お試し下さい。

 

 

 

1)ご存じですか?家庭円満の秘訣はリアル時間より心時間です!! - 心理学研究者/心理療法家 杉山崇教授のブログ